2016年07月17日

英国ロイヤルバレエスクールホワイトロッジのサマー見学

ホワイトロッジの見学はナホちゃんのグリーンクラスを見学することにしました。
9時~10時30分のクラシック、11時~12時15分のポワント、ランチを挟んで1時45分~3時のレパートリーのクラスです。
残念ながら敷地内は撮影禁止‼
スタジオの移動からトイレまで行くことも禁止で、必ずスタッフの人と動かなければなりません。
ランチはバイキング形式で凄いごちそう。
多分、London滞在中一番豪華な食事でした。
レパートリークラスは、眠りプロローグの妖精のコールドです。
先生が、コールドはどうあるべきかと話をしてから振り付けです。
私とご一緒の先生達(国籍は様々)はみんな振り付けを知っているので、おぼつかない生徒達にイライラ!
怒鳴りたい気持ちをぐっと押さえていました。(笑)
その後、キャラクターのクラスでしたが帰国の時間となり見学できませんでした。
ホワイトロッジはリッチモンドの広い草原の中にあります。
回りには野生の鹿がいて、私たちを見送ってくれました。

今回、ロイヤルバレエスクールは通常のクラスでの研修に、年度末公演とアッパーとホワイトロッジのサマー。それにプラスしてオランダのダッチ ナショナルの年度末公演を観ることが出来ました。あと、London滞在の術も学びました。

バレエの指導にかんしては、またまたアニータ Y先生に色々教えていただきました。

さぁ、スタジオの皆さんにその全てを伝えなければなりません。
共に頑張りましょう‼

●このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshihara-ballet-gakuen.com/mt/mt-tb.cgi/318

吉原バレエ学園大人のバレエクラス

吉原バレエ学園への入会お申し込みはこちらから

吉原バレエ学園体験レッスンへのお申し込みはこちらから