2012年11月29日

秋の行事

秋の終わりとともに行事の全てが終わりました。ホッ!

9月10日以来ですからホントに久しぶりです。

私的イベントに始まり、最後はYAGPへ3名の中学生が挑戦でした。

私的イベントペルーの旅。UFOの存在を信じている私にとって、ナスカの地上絵を目にすることは子供の頃からの夢!パワースポットのマチュピチュは今の私が一番行きたい所でした。満天の星空と天空の城、大自然の中で工夫を凝らして生きている人々。まさに宮崎駿ワールド! 私も想像力が豊かになると良いのですが・・・

麻生区文化祭は柿の実教室と相模カルチャーで”レ・パティヌール”を上演。週1回のお稽古ですが、みんな頑張りましたね。来年も楽しみにしています。

相模原市民文化祭洋舞合同公演は4団体合同なので、役によってはリハーサルが大変でした。でも、団体という壁をつくらず皆で力を合わせて、楽しい舞台をつくってくれました。どんな役でも、どんなに端っこでも一生懸命踊っている姿に感動してホロリ・・・ 観客の皆様も楽しんでいただけましたでしょうか? 練習の成果を発表するだけでなく観客もダンサーもみんなが感動したり、楽しめる舞台をつくりたいと思います。

そしてYAGPで尼崎へ。アンサンブルにも挑戦し、中村しんじ先生の”ありす”をエントリーしました。先生と恵子さん、まいまいさんには夏休みからご指導いただきました。コンテンポラリー初挑戦で二人とも四苦八苦し、肋骨を痛めたりと色々ありました。知子さんも会場へ応援に駆けつけてくださいました。二人ともとても良い表情で踊れましたが、まだまだ練習途中でしたね。残念ながら入賞はなりませんでした。もっともっと練習して、極めていきましょう。

現地で追加のワークショップがありました。驚いた事に33年前、アルビンエイリー アメリカン ダンスセンターで私が習ったホートンテクニックでした!子供たちになぜ伝承してこなかったのか、反省しています。

 

写真とか、掲載できると良いのですが・・・

そのうちトライしてみます。

 

●このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshihara-ballet-gakuen.com/mt/mt-tb.cgi/67

吉原バレエ学園大人のバレエクラス

吉原バレエ学園への入会お申し込みはこちらから

吉原バレエ学園体験レッスンへのお申し込みはこちらから